「壊れていないものを直すな」という古い格言がありますが、それはある程度真実かもしれません。しかし、ハーマンミラーのアーロンチェアはこれまで以上に軽量で快適な製品として登場しました。外観やフィールを向上させるだけではなく、アーロンチェアの革新にはさらに多くの要素があります。 Herman Millerの製品事業化担当副社長であるThomas Niergarthは、アーロンチェアの再設計に価値があったことをつぎのように語ります。

ハーマンミラー製品事業化担当副社長 : Thomas Niergarth



アーロンチェアはどのように生まれましたか?

私たちは1970年代にビル・スタンフと仕事を始めました。ドン・チャドウィックとビル・スタンフはアーゴンチェア(最初の研究に基づいた人間工学に基づいたオフィスチェア)を設計し、エクアチェアを設計しました。これは実際に1980年代にオフィスチェアデザインの基準点をいくつか設定しました。 ビル・スタンフとドン・チャドウィックがエクアチェアでやった直後に、次の椅子の外観を想像し始めました。 ビル・スタンフはしばしば快適さについて語りました。 彼は「意識させないこと」を快適性として定義しました。私たちの野望は、ユーザーの意識の中で製品が消えるようにすることでした。そのため、ユーザーは自分がしようとしていることに集中することができます。ある意味、それは何度も何度も直面してきた問題の声明でもあったのです。



なぜHerman Millerはアーロンチェアを再設計することにしたのですか?
アーロンチェアには商業的には想像もできないほどの成功がありましたが、それを変更することに会社として投資していませんでした。 しかし、アーロンチェアが導入された1994年以来、私たちは新製品の設計に投資してきました。過去22年間に人間工学に役立つマテリアルの分野では、アーロンチェアが何であるかを再考するような進歩がありました。オリジナルのアーロンチェアの時には、私たちは様々なサイズと体型について独自の調査を行っていました。今、あなたはウェブを見ることができ即座にすべてのボディサイズとタイプについての情報を得ることができます。では、いつアーロンチェアをリマスタリングするのが適切なのでしょうか? 改善する準備ができたら、それは変革すべき時です。

アーロンチェア自体は何が変わったのですか?
オリジナルの椅子のスプリング機構とキネマティックデザインを強化しました。 新しい椅子のキネマティクスは、身体の自然なピボットポイントとより密接に関連しています。 新しいキネマティクスは椅子の中で後ろ寄ったり前方に動いたりすると、より自然に体のバランスをとります。ドン・チャドウィックは、大きくてかさばっているチルトメカニズムを良しとしていませんでした。 リマスターされたアーロンでは、スプリング機構は古いものより60%少ない材料を使用します。私たちは20年前にそれをすることができませんでした。材料や工学の進歩によって、軽量でより視覚的存在を減らすための多くの成果が得られました。さらに、より直感的で使いやすいように再設計されています。



新しいアーロンチェアはどのようにしてサポートと快適性を改善しましたか?
ポスチャーフィットを再設計しました。 新しいポスチャーフィットデバイスは、2つの部分に分かれています。最も顕著なのは仙骨のサポートです。 副次的部分は腰椎支持します。私たちは、優れた解決策であると考えられているランバーサポートと異なるアプローチをしました。新しいポスチャーフィットは、自然な湾曲をサポートするように脊柱を支えます。



新しいゾーニングされたペリクルはどうですか?
オリジナルのアーロンチェアもはペリクルと呼ばれていましたが、均一なストレッチ性を有していました。何千もの反復を経て、オリジナルのペリクルを超えてユーザーの快適性を向上させるバランスを発見しました。


熱心なアーロンチェアのファンにどのような対応していますか?
私は熱心なアーロンチェアのファンと接する機会がありました。 私はちょっと敵意を感じました(笑)。 彼らは、「あなたは私のアーロンチェアを台無しにするつもりですか?」と言いました。しかし、私がやったこと、なぜそれをやったのか、そして経験してみると 「ありがとう、これはとても良いです」と言ってくれます。