• HOME »
  • リマスタード アーロンチェア

リマスタード アーロンチェア

アーロンチェアの快適性とサポートを得るための調節方法と座り方

1.アーロンチェア リクライニングの硬さ調節

リクライニングの硬さ調節
座面右下の長いノブ
硬くする:ノブをプラス+の方向(座った状態で前方向)に回します。
柔らかくする:ノブをマイナス-の方向(座った状態で後ろ方向)に回します。
☆背もたれに軽く寄りかかると、背中を支えながら傾き、戻るときには背もたれが自然についてくる程度が適度な固さです。

2.アーロンチェア 座面の高さ調節(ガス圧式)

座面の高さ調節
座面右下のレバー
高くする:座面に座り、少しずつ腰を浮かしながらレバーを上にあげると、座面が高くなります。希望の高さになったらレバーを離します。
低くする:座面に座った状態でレバーを上にあげると座面が低くなります。希望の高さになったらレバーを離します。
☆大腿部が床面と並行になる座面の高さが自然な着座姿勢となります。

3.アーロンチェア リクライニングの範囲設定

リクライニングの範囲設定
座面左下横側の楕円のレバー
範囲を設定する:希望の位置までリクライニングし、音がするまでレバーを上げきって下さい。再び背もたれに体重をかけると、設定した位置までリクライニングします。
設定を解除する:座面に座り、背もたれに体重をかけない状態で音がするまでレバーを下げきって下さい。
☆背もたれに寄りかかるのをやめると、背もたれの位置は元に戻ります。(固定ではありません。)

4.アーロンチェア 前傾チルト

前傾チルト
座面左下前側の楕円のレバー
座面を前傾させる:背もたれに寄りかかって体重をかけ、軽くリクライニングさせます。そのままレバーを上げ、背もたれによりかかるのをやめます。やめると前傾します。
座面を通常位置に戻す:背もたれに寄りかかって体重をかけ、軽くリクライニングさせます。そのままレバーを下げ、背もたれによりかかるのをやめます。やめると前傾機能が解除されます。
☆操作をする前に座面右下の長いノブをマイナス-の方向(座った状態で後ろ方向)に20~30回回転し、ゆるめて下さい。
☆集中して執務作業をするときに適します。座面を通常より少し高くして使います
☆ライト・シリーズにこの機能はありません。

5.アーロンチェア ポスチャーフィット調節

対象製品
ポスチャーフィット SL装備

ポスチャーフィット調節

座面右下、背もたれに近い位置にあるノブ
座面に座り、ノブを前方向(時計回り)に回して、しっかりと骨盤をサポートして下さい。
☆骨盤がサポートされるように座面の奥まで深く腰掛けて使用して下さい。

☆ランバーサポート装備のアーロンチェアにはポスチャーフィットは付いていません。
☆リクライニングの際にはポスチャーフィットダイヤルを緩めてご使用下さい。

6.アーロンチェア アーム高さ調節

アーム高さ調節

アーム付け根にあるレバーの場合
座面に座り、アーム付け根の後ろ側にあるレバーを上に起こすと、ロックが解除され、アームの付け根(背もたれとの結合部に近いところ)を持って上下に移動できます。適切な位置でレバーを下に倒し、アームを固定します。

☆前腕をアームパッドに置いて、肩が上がらない高さに調節してください。

☆レバーは元の位置に戻して(動かなくなるところまで倒して)、しっかり固定して下さい。
☆ライト・シリーズにこの機能はありません。

7.アーロンチェア アーム角度調節

アーム角度調節
アームパッド
アームパッドの先端部をつかみ水平方向に動かします。
☆コンピュータ使用時、マウス操作をするときは、アームパッドを外側に、キーボード操作をするときは内側にするなど、執務状況に応じて調節します。
☆3箇所で固定できます
☆ライト・シリーズにこの機能はありません。

8.アーロンチェア アーム奥行き調節

アーム奥行き調節
アームパッド
アームパッドの先端を握り、前後にスライドさせます。
☆ライト・シリーズにこの機能はありません。

アーロンチェア お手入れ方法

定期的なお手入れで、ハーマンミラー製品は長年にわたりご満足いただける高い性能を維持できます。品質を保つために、以下のお手入れ方法に従ってください。以下に示す、ハーマンミラー製品のお手入れ方法の説明はサービスとして提供されるものです。お手入れの結果は異なる場合があり、以下の説明にいかなる保証も含まれるものではありません。

ポリッシュドアルミニウム

通常のクリーニンングには、ポリッシュドアルミニウム部品用の柔らかなペースト状のワックスを、メーカーの使用説明書に従ってお使いください。アルミニウムの美しさを保つためには、海水に近く湿度の高い環境では月に一回、その他のエリアでは3ヵ月に一回ワックスを塗布してください。

プラスチック

通常のクリーニングには、お湯に溶かした中性洗剤に浸した布で表面の汚れを落としてください。水で洗剤を完全にふき取ってから柔らかい布で乾拭きしてください。溶剤や研磨剤入りの台所用洗剤は使用しないでください。

ペリクル

通常のクリーニングには、必要に応じて掃除機をかけてください。埃が吸い取られ、専門的なクリーニングの必要性が低下します。ブラシをかけたり、掃除機の回転式ブラシを使用したりしないでください。ブラシをかけると、表面に傷がついてファブリックの性質が損なわれる恐れがあります。

水性のしみには、水性のクリーナー(ファブリックのクリーニング専用のもの)または低刺激性(アルカリ性)石けんを泡状に溶かしたぬるま湯(石けんは少量でよい)に清潔な布かスポンジにつけてお使いください。ゴシゴシとこすらないでください。また、しみがこびりつくので熱湯は使わないようにお願いします。
油性のしみには、ドライクリーニング用の溶液を清潔な布かスポンジにつけてお使いください。しみをつけないためには、すぐに柔らかく吸水性のある布で吸い取ってください。完全に乾いてしまうと落ちなくなる場合があります。放置する時間が長いほど、しみは落としにくくなります。クリーニング溶液は、まず最初に目立たない小さな面で試してからお使いください。完全に乾燥させてから、お使いになる前によく掃除機をかけてください。クリーニングしてもしみが落ちない場合、専門業者に依頼してください。

PAGETOP
© Herman Miller Maintenance